創業前にすること ~事業計画書を作成する目的とは~

 

日本政策金融公庫の「創業に役立つコラム」は、胸に響くものがあります。

今回は、「創業前に考えること」「事業計画書を作成する目的とは」を紹介します。

日本政策金融公庫 DreamGateプラザ コラム「事業計画書を作成する目的とは」

以下、本文そのまま

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

事業計画書を作成する目的を「金融機関から融資を受けるため」と考えていませんか?
 
もちろん、金融機関に対して、事業内容やその実現可能性を客観的に説明(説得)するツールとして、事業計画書は欠かせません。

しかし、事業計画書は「他人(金融機関、出資者、取引先等)」のためだけではなく、「自分」のために作るものでもあるのです。

漠然とした事業イメージを「事業計画」として書面にする過程で、少しずつ計画の客観性を高め、「自分」の課題を発見し、「自分」がやるべきことを明確にする。

つまり、事業計画書は、自分が考える事業構想を体系的に整理し、ビジネスとしての実現可能性をシミュレーションするのに欠かせないものなのです。
 
「自分」のために作成した熱い想いの詰まった事業計画書には、相手を説得するリアリティがあります。是非、皆さんも「自分」のための事業計画書を作ってみてください

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

事業計画書は「言葉」+「数値計画」で構成されています。「言葉」は、事業に対する想いやビジネスモデルなどす。「数値計画」は、主に利益計画と資金繰り計画です。

「言葉」と「数値計画」が理路整然としているほど文中にある「相手を説得するリアリティがある」ことになります。もちろん、このような事業計画書は、創業後にも予算として使用できるようになるでしょう。そして、予算と実績を比較することで、「言葉」の部分を加筆修正できます。この作業をすれば、少なくとも『予定が大きくくるったぁ~~』みたいなことにはならないはずです。

私たちは、事業計画書作成のお手伝いをしています。予算と実績を比較するお手伝いも行っています。ご相談がありましたら、担当までご連絡ください。

お知らせの最新記事

宇部の専門家による気まぐれ更新コラムの最新記事

お気軽にお電話下さい 経理&創業期の無料相談受付中! 0120-134-312 受付 9:00?17:00土日祝も対応可