26万を超えたジュニアNISA口座数

https://www.ube-kanesaki.net/inherit_data.html

 平成28年4月から始まったジュニアNISA(未成年者口座内の小額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置)ですが、開始から2年半以上が経過しました。相続税対策にも活用できるといわれるこの制度について、金融庁の発表資料(※)などから、30年3月末時点の口座開設数の推移と買付額をみていきます。

 上述の資料から、各年3月末時点のジュニアNISA口座数を、年代別にまとめると以下のとおりです。
 28年3月末時点の口座数は78,168口座でした。29年3月末時点には20万を超え、30年3月末時点では269,723口座になりました。29年から27.6%の増加です。29年3月末からの年代別の増加率をみると、0歳以外はすべて25%以上の増加で、特に6~10歳が30.0%と最も高くなりました。
 30年3月末時点の年代別比率では、6~10歳、11~15歳の年代が25%以上の割合になりました。 









 次にジュニアNISA口座における買付額をみると、30年3月末時点の総額は13兆9,398億9,223万円となっています。29年3月末から32・・・・・・・・・続きは、姉妹サイトで

https://www.ube-kanesaki.net/inherit_data.html

宇部の専門家による気まぐれ更新コラムの最新記事

お気軽にお電話下さい 経理&創業期の無料相談受付中! 0120-134-312 受付 9:00?17:00土日祝も対応可