事例に学ぶ!創業成功の秘訣 失敗事例に学ぶ~医療・福祉分野の開業について~

日本政策金融公庫の「創業に役立つコラム」は、胸に響くものがあります。

今回は、「事例に学ぶ!成功の秘訣」「失敗事例に学ぶ~医療・福祉分野の開業について~」を紹介します。

日本政策金融公庫 DreamGateプラザ コラム

以下、本文そのまま

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

猛暑や、台風で気候が安定しないせいか、最近病院に行く機会が増えました。
HP検索で口コミと所在地を見て行くのですが、混雑のため2時間待ってでも次回もそこに行きたいと思うケースと、空いていても行きたくないと思ってしまうケースがあります。

近所に、昨年立派な内科がオープンしたのですが、患者が入っていません。内科だけでは思うように集客できなかったのか、どんどん診察時間と診療科が増えています。「土曜午後、日曜診療始めました」、「消化器科、整形外科、皮膚科も対応できます」・・・。道路に面したその病院は、全面ガラス張りで、医師が受付に座っている姿も見え、逆効果のように思えます。
 
2010年度新規開業実態調査(日本公庫総合研究所)によると、医療、福祉の開業平均費用は、2,956万円と高額です。その一方で、日本公庫の医療・福祉関連分野への融資実績は3期連続増加し、創業企業への融資件数は全体の約3割を占めています。
 
高額な費用をかけて創業するなら、なんとか成功したいものです。前述のクリニックは、あくまでも私の予想ですが、「近くにマンションがあるからニーズがあるだろう」と考えて最初から立派なクリニックにしてしまったのだと思います。

皆さんも、創業前には今一度計画が過大ではないかを確認し、できれば周囲の方にも見てもらってください。全国の公庫の窓口でもご相談を承っています。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

当事務所は、デイサービスの開業や新規出店等のお手伝いを数件携わっています。この場合、必ず融資が絡んだ支援となります。大きく分けて、やることといえば・・・

 ①事業計画書  (売上、人員確保、資金繰り等の見込み)

 ②融資支援   (金融機関折衝)

 ③物件と業者探し(介護保険法上の設備基準が満たされるか)

 ④許可申請

でしょうか。どのタスクも中難度ですが、スケジュール調整と関連性の部分が非常に難しい支援となります。すべてのタスクの調整とスケジュールを完璧にこなしてオープンすることができます。しかしながら、オープンしたとは言え、営業がうまくいくとは限りません。文中は、医療の開業でしたが業種業態問わずポイントは一緒だと思っています。

上記の支援で、オープン後に役立つのは「①事業計画書」です。予定していた売上が達成できるのかが重要ポイントです。文中の例では、立地を主眼にして集客をあてにしてしまったようです。確かに立地は集客の重要な要素ですが、十分条件のひとつ。開業前にマーケティングの要素を出し尽くして、集客戦略を練らなければなりません。そこから集客の期待値を出して、売上計画を立てなければ営業キャッシュフローが見えてきません。つまり、数ヵ月後に訪れる借入返済(財務キャッシュロー)が営業CFよりも多ければ、あっという間に運転資金に影響を及ぼします。

これらをすべて考慮して投資すれば、例え思い通りに行かなくても対処の方法は充分にあるはずです。また、ただ闇雲に営業時間を延ばすなど場当たり的な対処しかできないのは、事前の事業計画が甘いと言わざるを得ません。事業計画書で、プラス要因とマイナス要因を定義しておけば、対処の方向性は見えてくるものです。

宇部の専門家による気まぐれ更新コラムの最新記事

お気軽にお電話下さい 経理&創業期の無料相談受付中! 0120-134-312 受付 9:00?17:00土日祝も対応可