創業前にすること ~頼りになる人~

今回は、「創業前に考えること」「頼りになる人」を紹介します。

日本政策金融公庫 DreamGateプラザ コラム「頼りになる人」

以下、本文そのまま

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

事業は経営者1人だけでは成りたちません。 

物やサービスを買ってくれる取引先、材料や製品を購入する仕入先、経理面をサポートしてくれる税理士、一緒になって働いてくれる従業員など様々な人の協力があって事業は成りたちます。 



そんな中で、「いざ」という時に「頼りになる人」は誰でしょうか?事業の形態や人間関係によって、それぞれ頼るべき人は様々だと思いますが、私が考える「頼りになる人」は『家族』です。 

  

『家族』は、身近な相談相手として精神的な面で支えてもらえるのは勿論のこと、従業員が急に休んだ時に代役として働いてもらえたり、他人には頼めない仕事に従事してもらったりと、実務面でも大きな支えとなってくれることもあります。特に、創業直後は予期しない出来事が発生することも多く、多少の無理を聞いてもらえる人が身近にいることは、リスクヘッジの観点からも大切なことだと思います。 

  

創業という未知の世界に飛び込むにあたって、色々な場面で支えになってくれる『家族』は大切な存在だと思います。これから創業される方は、それぞれの形で『家族』の協力を仰いでみてはいかがでしょうか? 

  

日本公庫では、ご家族の方でも読みやすい「創業事例集」を発行しています。是非ご一読ください。 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

文中の通り、家族は大変頼りになります。私たち税理士事務所がよく見かけるパターンは、個人・法人問わず奥様に会計帳簿をお願いするといった内容です。社長が営業をして、奥様が経理をする。一見すると役割分担が明確ですが、いざ事業を開始してみると課題も存在します。

最初の課題は、経理のルールです。お金の流れのルールが双方違うことで経理サイドが混乱することもあります。個人事業規模であっても、売上伝票を作るなどしてお金の流れをはっきりとさせたほうがいいように思います。

次の課題は、資金繰りです。営業サイドは売ったものと仕入れたものが紐づいているし、入金時期や支払時期もはっきりと分かっています。その情報を経理サイドに渡さなければ、今の預金通帳残高が全てだと考えてしまいます。よくあるのが、立替払い(先行仕入)です。この場合、預金通帳の残高が見る見るうちに減っていきます。経理サイド(奥様)が不安になってしまうので、資金繰りを意識したコミュニケーションが必要だと感じます。

宇部の専門家による気まぐれ更新コラムの最新記事

お気軽にお電話下さい 経理&創業期の無料相談受付中! 0120-134-312 受付 9:00?17:00土日祝も対応可