企業に求められる自然災害対策

https://www.ube-kanesaki.net/q_and_a.html

 先日、台風により、坂本工業では従業員を早く帰宅させるなどの対応を取った。また、今年は地震や豪雨などの災害が頻発していることから、この機会に企業に求められる災害対策について社労士に相談することにした。

 こんにちは。先日の大型台風来襲の際、安全を確保するために従業員を終業時刻よりも早く帰宅させました。

 そうでしたか。その際は公共交通機関も早めに運転中止を公表していましたので、御社としても早めの判断をされたのですね。

 はい。おかげさまで従業員の中から帰宅難民を出すことなく、台風を乗り切ることができました。ただ、台風の対応についてはいつも判断に悩みます。また今年は地震や豪雨などの災害が頻発していることから、この機会に出社や帰宅を指示するルール作りをしておきたいと考えています。

 そうですね。最近は災害発生等の緊急事態が発生したときのBCP(事業継続計画)も話題になりますが、ここではまず災害発生時の従業員への対応を考えることにしましょう。

 わかりました。

 まず、出社を控えさせたり帰宅を指示したりするルールですが、正解はありません。台風の場合、例えば高い確率で暴風域に入る可能性がある時間を目安に、○時間前に判断するといった目安で判断することを示しておくことで、職場の混乱を抑えることができます。

 確かにどのようなタイミングで判断するかを知っておくと、少しは見通しが立ちますね。具体的にはどのように決定するのでしょうか。

 はい。例えば台風を想定するのであれば、最近は天気予報の精度が向上しているので、事前に分かっているのであれば翌日の出社を・・・・・・続きは、姉妹サイトで

https://www.ube-kanesaki.net/q_and_a.html

宇部の専門家による気まぐれ更新コラムの最新記事

お気軽にお電話下さい 経理&創業期の無料相談受付中! 0120-134-312 受付 9:00?17:00土日祝も対応可