相続税の査察に関するデータ 平成29年度版

https://www.ube-kanesaki.net/inherit_data.html

 6月に、国税庁より「平成29年度 査察の概要」(※)が発表されました。ここではその結果から、相続税の査察に関するデータを他の税目とともに、ご紹介します。

 上記調査結果から、直近5年間の税目別の告発件数の推移をまとめると、表1のとおりです。告発件数全体は、平成28年度は132件と多くなっていますが、29年度をはじめその他の年度では110件台となっています。
 相続税の告発件数をみると、29年度は3件となりました。24年度は10件でしたが、その後は一桁の件数が続いています。 









 税目別の脱税額の推移をまとめると、表2のとおりです。全体の脱税額をみると、25年度以降は100億~120億円台で推移しています。

 相続税の29年度の脱税額は3億8700万円で、直近5年間では最も少ない額になりました。全体の3.9%を占めています。










 告発件数と脱税額から1件あたりの脱税額を求めると、表3のとおりです。脱税額全体では1件あたり8900万円と、減少傾向にあります。 相続税は1・・・続きは、姉妹サイトで

https://www.ube-kanesaki.net/inherit_data.html

宇部の専門家による気まぐれ更新コラムの最新記事

お気軽にお電話下さい 経理&創業期の無料相談受付中! 0120-134-312 受付 9:00?17:00土日祝も対応可