住宅取得等資金の贈与税の非課税

https://www.ube-kanesaki.net/inherit_tax.html

 父母や祖父母など直系尊属から「住宅取得等資金」の贈与を受けた場合には、「住宅取得等資金の非課税制度」という特例があり、最高3,000万円まで贈与税が非課税になります。

 孫(30歳)がこの度結婚し、実家の敷地内に家を建てることになりました。その資金として、2018年11月に祖父(85歳)である私から資金援助として3,500万円の贈与を考えています。2018年中にハウスメーカ-施工の新築住宅(省エネ等住宅に該当)が完成する予定です。住宅を取得するための資金であれば、贈与税の特例があると聞きましたが、実際に贈与税はどのくらいかかるでしょうか? 

 2021年12月31日までの間に父母や祖父母など直系尊属からの贈与により、「住宅取得等資金」を取得した場合において、一定の要件を満たすときは、所定の非課税限度額まで贈与税が非課税となる特例制度があります。

 住宅を取得するための資金の贈与を受けた場合は、「住宅取得等資金の非課税制度」という特例があります。一定の要件を満たせば、一定の限度額(最高3,000万円)まで贈与税が課税されないという制度です。
 以下、適用要件などをまとめました。

<適用要件> 

<非課税限度額> 
 非課税限度額は、住宅用の家屋の新築等の対価に含まれる消費税の税率によって異なります。現状の非課税限度額の最高額は1,200万円ですが、2019年4月1日以降の住宅の新築等の契約対価に含まれる消費税率が10%の場合は、最高額が3,000万円になります。

 また、この非課税制度は、贈与税を計算する上・・・・・・・・・続きは、姉妹サイトで

 

https://www.ube-kanesaki.net/inherit_tax.html

宇部の専門家による気まぐれ更新コラムの最新記事

お気軽にお電話下さい 経理&創業期の無料相談受付中! 0120-134-312 受付 9:00?17:00土日祝も対応可