不動産登記が漏れていないか調べる方法

https://www.ube-kanesaki.net/inherit_realestate.html

 被相続人が所有していた不動産については、固定資産税の課税明細や名寄帳、登記事項証明書の共同担保目録を確認する方法により調べることになります。

 先日、土地家屋調査士の先生から、「相続登記がされていない土地の所有者が、法定相続人である貴方であることが分かったので、境界確定のため立会をお願いしたい」と連絡がありました。私は、この土地の存在を全く知らなかったため、他にも相続登記がされていない土地がないか心配です。被相続人が所有していた不動産を調べる方法はあるのでしょうか。

 被相続人が所有していた不動産について、一括してすべてを調べることはできませんが、所有不動産があると想定される市区町村で名寄帳を閲覧したり、不動産の登記事項証明書の共同担保目録を確認したりすることで、調べていくことになります。

 まずは、どのような不動産に相続による移転登記漏れが発生しやすいかをご説明いたします。 

 相続登記が漏れるということは、「被相続人が所有していることを(相続人が)知らない」不動産があるということになります。一般的に、個人が所有している不動産を確認する場合、毎年送付されてくる固定資産税の課税明細や納税通知書を見ることが多いと思います。 

 しかし、固定資産税の課税明細等には、「固定資産税が課税されている不動産」しか記載されておらず、言い換えれば「固定資産税が課税されていない不動産」は課税明細等に記載されていない・・・・・続きは、姉妹サイトで

https://www.ube-kanesaki.net/inherit_realestate.html

宇部の専門家による気まぐれ更新コラムの最新記事

お気軽にお電話下さい 経理&創業期の無料相談受付中! 0120-134-312 受付 9:00?17:00土日祝も対応可