国外財産調書の提出件数等の推移

当事務所の姉妹サイトでは、定期的に情報を更新しています。

http://www.ube-kanesaki.net/inherit_data.html

データで見る相続
文書作成日:2018/04/20

 平成26年1月から始まった国外財産調書(以下、調書)の提出制度。その提出状況等はどうなっているでしょうか。ここでは、平成29年12月に国税庁から発表された資料(※)などから、提出件数と財産額の推移をみていきます。

 上記発表資料などから、平成25年分以降の調書の提出状況をまとめると、以下のとおりです。 
 28年分の提出件数は9,102件で、初めて9,000件を超えました。また提出件数は毎年増加しています。 
 局別の提出件数では、東京局が最も多い状況が続いています。なお、名古屋局の提出件数が28年分で初めて前年分を下回りました。 

 28年分の財産額は3兆3,015億円で、前年分に比べて4.3%の増加となりました。局別にみると、東京局は27年分が減少したものの、28年分・・・・・・・・・・・・・続きは、姉妹サイトをご覧ください

http://www.ube-kanesaki.net/inherit_data.html

宇部の専門家による気まぐれ更新コラムの最新記事

お気軽にお電話下さい 経理&創業期の無料相談受付中! 0120-134-312 受付 9:00?17:00土日祝も対応可