ちょっと一息 健康コラム

当事務所の姉妹サイトでは、定期的にコラムを掲載しています。

http://www.ube-kanesaki.net/inherit_health.html

ちょっと一息~健康コラム

文書作成日:2018/03/05

 最近疲れやすい…そう感じたら、脳が疲れているのかもしれません。実は脳は、仕事や運動のしすぎ、心の悩みなどをすべてストレスと感じ、それを処理しようと脳の働きが過剰になってしまった時、「疲れた」と感じるそうです。今回は、脳の疲れを溜めず、若々しさを保つ生活習慣についてまとめました。

 脳の疲労を癒してリセットするには、良質な睡眠を十分にとることが大切です。眠っている間は、大脳や自律神経も過剰な働きから解放され、疲労回復につながります。さらに、最近の研究で、睡眠は脳の老廃物=アミロイドβを洗い流す働きがあることもわかってきました。この物質はアルツハイマー病発症と深く関わっているといわれているもの。最低でも1日6時間以上の睡眠は確保し、がんばった脳を休めあげたいものです。

 睡眠のほかにも、脳の神経細胞を活性化することが健康を保つことにつながります。3つの視点から脳によい生活習慣をご紹介します。

    • (1)有酸素運動+家事を習慣に
       ウォーキングやジョギングなどの有酸素運動は、神経細胞を活性化するホルモンの分泌を促したり、アミロイドβの分解を助けたりするとされています。ただし、過度な運動をすると、脳はストレスを感じてしまうので、「息は切れない」程度を心がけてみましょう。肥満が脳の働きを鈍くするということもわかっているため、運動して肥満を予防するのも大切です。 
       また、家事をすることは、日々工夫があったり、完了した時の喜びなどをもたらしてくれたりするため、脳にとっては良い刺激となります。できれば、いつもとやり方を変えてみたり、ご夫婦で分担する家事を交互に変えたりすることが、より効果的。日頃から家事をすることは、仕事をリタイアした後も家の中で身体を動かすことになり、脳にとっても良い影響を与えます。

  • (2)コミュニケーション+新しい体験を
     人と積極的に会話をすることは、脳の活性化を促します。同じ人達ばかりではなく、時には新しく出会った人、知らない人と会話するこ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

宇部の専門家による気まぐれ更新コラムの最新記事

お気軽にお電話下さい 経理&創業期の無料相談受付中! 0120-134-312 受付 9:00?17:00土日祝も対応可