事例に学ぶ!創業成功の秘訣 ~NPOでの創業事例~ 

日本政策金融公庫の「創業に役立つコラム」は、胸に響くものがあります。

今回は、「事例に学ぶ!成功の秘訣」「NPOでの創業事例」を紹介します。

日本政策金融公庫 DreamGateプラザ コラム

以下、本文そのまま

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

事業を始める形態のひとつとして、NPO法人(特定非営利活動法人)があります。NPO法人とは、ボランティア活動などの社会貢献活動を行う「営利を目的としない」団体です。よく誤解されているようですが、収益を目的とした事業を行うことは認められています。

先日、NPO法人を立ち上げ創業した方の話を聴くことがありました。その中で印象的だった言葉があります。

「NPOにとっての利益は、人間にとっての空気です。」

継続的なサービスの提供には事業が存続できる利益は必要ですが、利益の最大化を目的とはしていないのです。その方は、ある社会問題を解決したいと考え、NPO法人での創業を決意しました。需要は多いものの赤字必至といわれた分野で、独自のビジネスモデルを構築し、黒字化を成し遂げたそうです。事業で得た利益は、サービスの充実に使用し、社会問題の解決に尽力しておられました。

利益を生み出し、そして発展していくという点では株式会社もNPO法人も同じといえます。日本公庫 国民生活事業では、NPO法人の創業も支援しています。全国152店舗の支店窓口でご相談に応じています。また、全国15ヵ所にある「創業支援センター」や北海道/東北(仙台)/東京/名古屋/大阪/福岡にある「ビジネスサポートプラザ」では、予約制の創業相談会を実施しています。ぜひご活用ください。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

あちらを立てればこちらが立たない・・・。このような社会的ジレンマは結構ある印象です。創業を考えたとき、この社会的ジレンマにはまってしまうと収益構造が作れません。構造欠陥を作らないように、創業時にはビジネスモデルを整理しておく必要があります。営利法人もNPOも変わりません。

ビジネスモデルを考えるうえで重要な要素は、経営資源の流れをキチンと整理しておく点です。ひとつの見方を書いておきます。

ヒトの流れ: 採用→教育→戦力化、取引先との人間関係(新規と維持)

モノの流れ: 物流、検品→バックヤード→陳列→在庫→販売の効率化と合理化

キャッシュフロー: 営業キャッシュ、投資キャッシュ、財務キャッシュのバランス

情報流: 重要な経営情報をなるべく早く内部外部から得て、経営判断に使う

宇部の専門家による気まぐれ更新コラムの最新記事

お気軽にお電話下さい 経理&創業期の無料相談受付中! 0120-134-312 受付 9:00?17:00土日祝も対応可