創業前にすること ~創業セミナーに参加する時に重要なこと~

今日は大晦日です。みなさま今年を振り返っていかがでしょうか。良かったと思う方は「来年もすばらしい年に!」、良くなかったと思う方は「来年はすばらしい年に!」なるよう祈念しています!コラムも続けていきますので、よろしくお願いします。

さて今回は、「創業前に考えること」「創業セミナーに参加する時に重要なこと」を紹介します。

日本政策金融公庫 DreamGateプラザ コラム「創業セミナーに参加する時に重要なこと」

以下、本文そのまま

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

創業・起業の準備をされている方、創業・起業されて間もない方向けのセミナーは、全国各地でいろんな機関が開催しています。セミナーに参加したいけど、どのセミナーへ参加しようかなと迷った時には、自分がセミナーに参加することで、「何を得よう(知りたい)」としているのか、考えてみましょう。

経営者としての心構えを得ようとするのであれば、経営者の講演をメインとしているセミナーに、事業計画の策定の考え方について知りたいのであれば、専門家の講演をメインとしているセミナーにといった感じです。

また、ほとんどのセミナーは講師との質疑応答の機会があると思います。「こんな質問をしたら失礼では?」なんて思わずに、疑問点があれば思い切って質問をしてみましょう。講師は質問を待っています(質問があるということは、講師にとってうれしいものです。)。そして、たくさんの受講生の中で質問したという経験は、同じように緊張するであろう取引先、金融機関との交渉の際にも活きるはずです。  

日本公庫では、事業計画の作成段階からのご相談にもおこたえしています。

また、全国152支店の「創業サポートデスク」では、予約なしで創業計画書の書き方を指導しており、全国6ヵ所の「ビジネスサポートプラザ」では平日のご来店が難しい方のため「休日相談」を実施していますのでご活用ください。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

創業セミナーに限らず、経営に関するセミナーは大変勉強になるものです。実は、私も創業セミナーの講師を務めたこともあります。そのほかにも「IT系」「統計」「財務系」「人事系」など色々なセミナー講師をやらせていただきました。

私の場合、セミナー講師の打診を受けた時に「受講者のカテゴリ」「年齢層」「参加人数」など結構細かいことを担当者に質問します。その理由が、「受講者により良い情報を提供したい」からです。ある程度の情報が得られると、次に資料作りが始まります。これが結構大変で、全員に分かり易く伝えるのは困難のひと言。資料をポップに作れば一部からクレームがつくし、ガチガチの理論を引用した資料を作るとわかり難いとクレームがつく。最近はあまり気にしないようにしています。

さて、私は何がいいたいのでしょうか?そうそう思い出しました。

文中にある「こんな質問をしたら失礼では?」です。講師も不安いっぱいで、一所懸命講師を務めているわけですから、質問をしていただければむしろありがたい訳です。講習が滞る内容の質問であれば、後回しとなるかもしれませんが、遠慮などせずにガンガン質問をした方がよいです。

宇部の専門家による気まぐれ更新コラムの最新記事

お気軽にお電話下さい 経理&創業期の無料相談受付中! 0120-134-312 受付 9:00?17:00土日祝も対応可