創業前にすること ~起業家の資質~

今回は、「創業前に考えること」「起業家の資質」を紹介します。

日本政策金融公庫 DreamGateプラザ コラム「起業家の資質」

以下、本文そのまま

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

起業家にとって、事業を成功に導くために必要なものとは何でしょうか。ビジネスプラン、資金、経験どれも必要なものですが、一番必要なのは、経営者としての「資質」です。
起業家にとって必要な資質は、5つあります。以下、簡単にご説明します。

①目的意識
目的が明確になれば、取り組むべき事柄が具体的にわかります。
②事業経営の知識
業界や商品についての幅広い知識のほかに経理についての知識も必要です。
③人脈構築力
事業は人で成り立ちます。取引先、従業員、経営相談先など人脈を幅広く形成できれば、事業規模の拡大にもつながります。
④アイデア発想力
競合を勝ち抜くためには、顧客のニーズをつかみ、それを活かすアイデアが必要です。
⑤資金管理能力
資金の「入りと出」を上手に管理する能力が必要です。

日本政策金融公庫では、創業融資のご相談はもちろん、創業計画についても親身にご相談にのっております。
事業計画書を作成される際にご相談がありましたら、お気軽にご相談ください。

また、ドリームゲートと共同で作成した『ソウギョウノート』を活用することで、創業までのダンドリチェックや事業計画書等を簡単に作成することができます。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

起業家の資質については、何ともコメントしづらいものがあります。というのも、経営学では明確な答えがないからです。本文にある5つの資質は、間違いなく要素に入るでしょう。ここに入っていなくて私が直ぐに思いつくものは「問題解決力」「営業力」「交渉力」などです。多分、枚挙に暇がないほど多くのスキルが必要なのでと思います。

これらの力がなければ創業しても失敗するのかなどは断言できません。ただ、これらの力があれば、失敗するリスクは低減するのだと思います。文中では最後に事業計画書に触れています。事業計画書を拠りどころにして、プランを更新していけば5つの力に乏しくても失敗のリスクは低減します。はじめの一歩に「ソウギョウノート」を活用されるのもリスク低減の方法のひとつです。

宇部の専門家による気まぐれ更新コラムの最新記事

お気軽にお電話下さい 経理&創業期の無料相談受付中! 0120-134-312 受付 9:00?17:00土日祝も対応可