創業前にすること ~創業前に読んでおきたい一冊~

今回は、「創業前に考えること」「創業前に読んでおきたい一冊」を紹介します。

日本政策金融公庫 DreamGateプラザ コラム「創業前に読んでおきたい一冊」

以下、本文そのまま

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

今回ご紹介する本は、2007年10月に勁草書房から出版された『新規開業企業の成長と撤退』。

創業企業のうちどれくらいの企業が廃業したのか? 大きな成長を遂げた企業にはどのような特徴があるのか?etc. これまで感覚的に語られることが多かった “創業者のその後”を、精緻なデータ分析や広範な事例調査に基づいて明らかにしたもので、私のように創業のお手伝いをさせていただいている人間の「バイブル」とも言うべき一冊です。

例えば、練りに練って立てたはずの売上予測。創業2年目までに達成できた企業の割合は、一般消費者を対象とする事業の場合約56%、事業所を対象とする事業でも約65%に止まっています。当然のことながら、達成企業と未達成企業とでは、その後の業績にも大きな格差が生じており、さらに未達成企業の多くは不振からなかなか脱却できない実態も浮き彫りになっています。

では、予測した売上を達成できなかったら、成長の可能性は潰えてしまうのか? そんな質問が聞こえてきそうですが、決してそうではありません。不振から脱却できた企業は存在します。では、何がブレークスルーの源となったのか?・・・気になる方は本書を手にとってみてください。

事例を踏まえた具体的な分析は、創業を予定されているみなさんがビジネスプランを立てたり、創業後の対応を考えたりするうえで大いに参考になるはずです。一読をお勧めします。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

創業時の不安や悩みを払拭する方法は、創業者によって違います。ヒトのアドバイスを参考にされる方もいらっしゃれば、ご自身の知識や経験を拠りどころにされる方もいらっしゃいます。

どのタイプが良いのかは、言わずもがな答えなどありません。ただ、本文で紹介されているようにバイブルを持っている方と持っていない方との違いはあるように感じます。

私は「事業にはステージがある」と思っています。創業はファーストステージになります。このステージで失敗しないためには、とにかく売上を立てることでしょう。売上が計画通りにいけば、あとは少々失敗しても取り返せるものです。この「失敗」の取り返し方は、結局のところ行動力なのでしょうが、その行動力の根拠になっているものが「バイブル」のような気がしてなりません。可能であれば、バイブルは自分で作ってみることをお勧めします。それが「毎日のメモや日記」「日報や月報」「試算表や予算実績対比表」「事業計画書や予算書」など形はどうであれきっと役に立つはずです。

宇部の専門家による気まぐれ更新コラムの最新記事

お気軽にお電話下さい 経理&創業期の無料相談受付中! 0120-134-312 受付 9:00?17:00土日祝も対応可