創業前にすること ~事前準備の必要性~

今回は、「創業前に考えること」「事前準備の必要性」を紹介します。

日本政策金融公庫 DreamGateプラザ コラム「事前準備の必要性」

以下、本文そのまま

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

野球やサッカーなどプロスポーツのシーズンがスタートしています。毎年コンスタントに好成績をおさめる一流選手は、シーズンに入る前から自分自身のコンディションの調整や、相手チームのデータ収集など十分な事前準備をしっかりとしています。 



創業においても事前準備がしっかりできているかどうかが成功の鍵となります。 



まず自分自身を把握すること。自分の過去を振り返りキャリアや能力、人脈など自身の強みと弱みを整理することが大切です。 



次に創業したい業界動向や顧客情報を知ることです。業界の市場規模はどれくらいか、事業として成り立つ収益性は見込めるのか等を把握することなどがあります。 



特に経験のない事業を始めようと思っている方はこれらの情報収集が重要です。 



日本公庫では、「小企業の経営指標」など創業に役立つ情報を用意しております。お気軽にご相談ください。 

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

本文では、「キャリア」「能力」「人脈」などが大切としています。誠にその通りです。

これらは、創業後の売上に関係します。キャリアがあれば販売テクニックを知っているでしょうし、人脈が豊富であれば比較的短い期間で売上を立てられるかもしれません。結局のところ、創業後にいいスタートダッシュが切れるかがポイントと思うわけです。

また、創業にあたって考えなくてはならないことは「いつ売上があって」「いつ入金があるのか」。売上よりも入金中心に考えることが大切です。

入金サイトが長い業種で創業される場合、資金繰り計画を作る必要があるでしょう。

 

宇部の専門家による気まぐれ更新コラムの最新記事

お気軽にお電話下さい 経理&創業期の無料相談受付中! 0120-134-312 受付 9:00?17:00土日祝も対応可