創業前にすること ~事業計画書の持つ意味~

今回は、「創業前に考えること」「成長市場で創業すべきか」を紹介します。

日本政策金融公庫 DreamGateプラザ コラム「事業計画書の持つ意味」

以下、本文そのまま

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

創業する方が必ずと言っていいほど作成するものが「事業計画書」です。

「事業計画書」は創業時を除くと、新店舗の出店時や事業の多角化など、事業展開における節目の際にのみ作成されることが多いと思います。しかし、「事業計画書」はそういった節目以外の、いわゆる「平常時」に作成することも大切です。なぜなら「事業計画書」が持つ機能には、「平常時」にも活用できる部分が数多くあるからです。 

一般的に、「事業計画書」が持つ機能は次のようなものです。

①取引先、仕入先、金融機関、出資者など、様々な人に事業の内容を説明し、理解してもらう。
②経営者自ら作成することで、経営者自身の考え方を整理し、今後の経営について具体的な道筋を立てることができる。
③一定期間の事業実績が、「事業計画書」の内容に沿ったものかを確認することができ、経営の振り返りができる。

①~③を見てみると、創業時や事業の節目の時だけではなく、「平常時」の経営を考えていくうえでも必要な要素が含まれていることが分かると思います。よって、定期的な「事業計画書」の作成は、スムーズな経営を行うための有効な手段なのです。
 
創業時に苦労して「事業計画書」作成を経験することは、決して無駄ではありません。苦労した分だけ、自分自身の経営能力も向上しますし、継続的に作成していく第一歩であると考えると、そのこと自体がすでに経営の一部とも考えられます。創業時のみに限定せず、その後の経営にも視野を拡げて「事業計画書」を作成してみましょう。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

以下、所感

まさにその通りだと思います。どの業種業態でも頭打ちの売上高というのがあるようです。現状の経営を続けた場合、これ以上売上が上がらない状態です。具体的には、仕事があるのに人手不足で対応できないとか。。。その対策で「人員を採用したけど思うように育たない」という相談は日常茶飯事です。そこで登場するのが、事業計画書。どのように人材の戦力化をするのか、それを事業計画書に盛り込むことが大切だと思います。

少なくとも上場企業は、毎年「予算(短期計画、中期計画)」を作成して株主に差異を説明する必要があります。この予算こそ、事業計画書です。中小企業でも事業計画書(予算)を作成すべきです。予算実績の差異を意識することで、経営の羅針盤のような役割を果たしますので、是非、チャレンジしてみてください。

お知らせの最新記事

宇部の専門家による気まぐれ更新コラムの最新記事

お気軽にお電話下さい 経理&創業期の無料相談受付中! 0120-134-312 受付 9:00?17:00土日祝も対応可