創業前にすること ~立ち止まる勇気~

日本政策金融公庫の「創業に役立つコラム」は、胸に響くものがあります。

今回は、「創業前に考えること」「立ち止まる勇気」を紹介します。

日本政策金融公庫 DreamGateプラザ コラム「立ち止まる勇気」

以下、本文そのまま

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

私は宮城県石巻市の出身で、家族は今も石巻市に住んでいます。
私の弟は市内で管工事業に従事し、地震で破損した水道管の敷設や修理に汗を流しています。先日帰省した時に、弟と二人で話す機会がありました。

復興需要から建設業は毎日忙しく体力的には大変だが、ものをつくるという現在の仕事にやりがいを感じており、独立したいとのことでした。
私は創業の大変さや社長になることに伴う苦労について説明し、もっと経験を積んで技術と人脈を得たうえで創業するよう話しました。「やみくもに創業を後押しすることだけが創業支援ではない」と私は考えています。

創業者の技量や創業の準備度合いから判断して、現時点では事業が成功する可能性が低いと見込まれれば、創業の延期や取りやめを選択することも必要であると思います。
弟の場合は、技術、経験、人脈、資金のすべてが不足しているにも関わらず、復興需要というチャンスだけをもって創業を考えていたのです。

時機をとらえることも大切ですが、時機を逃さないよう普段から準備を怠らないことが、事業成功のための第一歩ではないでしょうか。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

この度のコラムに登場する弟さんは、力量を総合的に勘案した結果、時機が早いと判断されたわけです。私は、その後の弟さんの動向が気になります。お兄さんに指摘された不足事項を如何にして満たしていくのか。

創業後にある程度成功される方々のお話を聞いていると、現状認識後の課題解決を丁寧にしている印象があります。多岐に渡る課題を整理して一つずつ解決していけば、きっとお兄さんに認められて創業を実現することができると思います。弟さんが創業したからと言って、必ずしも成功するわけではありませんが、創業前の課題整理と解決行動はきっと役立つはずです。

時機は突然やってくるので、日常的に課題整理と解決行動をしていただきたいものです。特に、一度でも創業をお考えになった事がある方には。

宇部の専門家による気まぐれ更新コラムの最新記事

お気軽にお電話下さい 経理&創業期の無料相談受付中! 0120-134-312 受付 9:00?17:00土日祝も対応可